取り扱い商品
ホーム > 山の仕事

山の仕事

森林・林業のしごと

用語説明

1.地ごしらえ

 地ごしらえは、植栽する前に、末木(利用されずに放置された木の先端部分)や枝条、あるいは繁茂した雑草木などを片付けることにより、植付け作業を容易にするための作業です。
 作業工具としては、カマ、ナタ、手ノコ等を使います。
 地ごしらえの方法としては、植え付けの支障となる末木や枝条を等高線に沿って筋状に置く方法及び枝などを細かく切って林地の全面に散布する方法などがあります。


2.植付

 植付は、苗木を林地に植付ける作業です。
 工具としては、クワを主に使います。その他、植穴の中に出ている根などを切るために、手ノコ、ナタが使われます。
 作業の進め方は、石などが落ちてきて苗木が痛まないように、斜面の上部から横移動しながら、下部へ進みます。


3.下刈

 下刈は、造林木が健全で速やかに成長するよう造林木に覆い被さっている雑草木を刈り払う作業です。
 作業工具としては、刈払機や下刈ガマ(鍋づる型)が用いられます。
 作業の進め方は、等高線に沿った横移動を下(谷間)から上(山側)へ向かって進める方法及び上に向かって登りながら刈り進む方法があります。


4.除伐

 除伐は、造林木を健全で速やかに成長させるため、競合する他の樹木を除去する作業です。
 作業工具としては、刈払機、除伐ガマ(ナタ型)、ナタ、手ノコ等を使います。


5.つる切り

 造林木の素直な成長を妨げるつる植物を根元から切断し、巻きついたつるを幹から取り除く作業です。
 作業工具としては、手ノコ、ナタなどを使います。


6.枝打ち

 枝打ちは、無節の優良な材を生産するため、枝を幹から平滑に切り落とす作業です。
 工具としては、ナタ、オノ、手ノコなどが使われます。


7.雪起こし

 雪起こしは、地上に積もった雪の圧力や枝、葉に付着した雪の重さによって倒れたり、曲げられたりした樹木を起こし、ひもで固定する作業です。


8.間伐

 木の成長によって込みすぎた状態となった造林木を、適度に間引いて、残した造林木が健全に生育できるような成長空間をつくるためと、細い丸太を何度か生産して経済的利益をあげるために行われます。しかし、近年は、間伐材を搬出しても経済的利益が出ないために、間伐材を切り捨てている例が目立ちます。


9.主伐

 最終的な収穫として行う伐採を言い、通常、当該区域の立木のすべてを伐採する皆伐作業が行われます。スギやヒノキでは普通、植付けから50年ほどで主伐をむかえますが、近年は主伐期を延ばして60年、80年、場合によっては100年以上とする例もあります。


10.集材

 集材は、伐採木を一定の場所まで集める作業のことです。幹を切断(玉切り)して丸太にした木材を集める普通集材、枝と切り落とし幹だけにした木材を集める全幹集材、枝をつけたままの伐倒木を集める全木集材があります。近年、せっかく切った間伐材も、この集材の作業に費用がかかりすぎるため、林外へ搬出されない例が増えてきました。

Copyright (C) miyazaki prefecture federation forest owners'cooperative association All Right Reserved.